読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライティングは一億円稼げるスキルだって言うから勉強してみる

年収300万のサラリーマンが『コピーライティング』を勉強して金持ちを目指す記録です。稼いだ額などは”全て”正直に公開します!

アフィリエイトのモチベーションが続かない? ならこの本を読んで下さい「 自分を操る超集中力」

書評

アフィリエータの95パーセントは 月にニ千円以下しか稼げないといいます。
思うに、それはきっとほとんどの人は、途中でやる気がなくなってやめてしまうからだと思うんですね。
アフィリエイトのモチベーションを保ち続けるってすごく大変だと思います。
毎日何時間もかけて記事を書いて、それを何日も何日も続けて、半年も続けているのにもかかわらず、1円も報酬が入って来ないなんていうことはざらにあることだと思います。
それは心が折れますよね。

 


僕は運良く アフィリエイトを始めてから、ひと月目で数万円の報酬を手に入れることができましたけれども、それにもかかわらず毎日アフィリエイト記事を書くことは大変で仕方がありません。
ほんとに、毎日長文をアップされているアフィリエータやブロガーの方は尊敬します。
そんな、やる気のない アフィリエータたちに 効くであろう特効薬をご紹介したいと思います。
メンタリストDAIGOが書いた「 自分を操る超集中力」という本です 。


この本は集中力について書かれていて、アフィリエイトターのみならず、人間が生きる上で欠かせない集中力をつけるにはどうしたらいいか、きわめて実践的な内容が書かれて います。

内容を簡単に言いますと、
・人のやる気にはウィルパワー という名前が付いている。
・ウィルパワーには一定の量があり、集中力を使うたびに少しずつ消耗してゆく。
・ウィルパワーは睡眠によって回復する 。
・ウィルパワーは起きたばかりの朝が一番充実して、それから時間がたつごとにどんどん減少し寝る直前が一番少ない状態となっている。
・ウィルパワーは選択や意思決定をするのとに少しずつ減っていく。
・なので、集中力を鍛えるにはウィルパワー増やすもしくはウィルパワーを節約するこの2つのどちらかが効果がある 。

このウィルパワーという概念は、本当に目から鱗でした。
意思決定をするたびに減っていくエネルギーというところがすごくいいですね。
自分の経験に当てはめてみるととてもしっくりくる概念です。
確かに、精神的にぐったりと疲れるときっていうのは、意思決定を何度もしてきたときだと思います。
ぼくは基本的に、あんまり物事をはっきりと決めたりしないタイプなんです。
常にほかの選択肢を検討して、より良い方法がないかずっと探し続けているんです。
だから、意思決定はずるずると遅くなってしまいますし、とても疲れます。
その上、結局何も決められなかったということも多々あります。
例えば、今うちのプリンターが壊れているんですけれど、
プリンターをAmazonでどれを買おうか選で います。
アマゾンにはたくさんのプリンターが売っているんですけれど、
エプソンがいいのかキャノンがいいのか、できるだけ性能が良いものを探しているんですけれど、
なかなか決めることができません。
プリンターって、本体は安くてもインクがめちゃくちゃ高いじゃないですか。
だからいつも互換品を買っているんですけれど、
その互換品にも高いものと安いものがあるので、安いものが使えるプリンターというのがやはり選択肢になるわけです。
そんなことを延々と考え続けて、アマゾンのページを行ったり来たりしているうちに、めちゃくちゃ疲れちゃって結局まだ買ってないんですよ!。
プリンターを買うということだけで、ウィルパワーをかなり消費してしまいました。
そんな感じで、僕は 一言で言うと優柔不断なんですね。
常にたくさんの選択肢の中から、最適な1つを探そうと思っているということは 、自分の中ではとてもいいことをしているつもりだったのですが。
集中力という観点から見ると最悪なことをしていたのですね。
この本に書いてあります。
「多すぎる選択肢は、ウィルパワー を人間から奪い、結局、決断できなくなるのです。」
まさに決断できない僕の事ですね。
ウィルパワーを維持するために必要なのは即断です。
決断はすぐに下してなるべくウィルパワーを消費しないようにすることが大事です。
じゃあどうすれば即断即決ができるようになるんでしょうか。
これは僕にとってかなり苦手なことなんですが。
即断即決をするにあたって重要になるのが 「 習慣化」だそうです。
選択するにあたって、考えてどれにしようかと迷うこと自体ウィルパワーが減ります。
なので、この意思決定自体を習慣化して、考えないようにすれば、ウィルパワーを消費しません。
例えばぼくは、ブログを書く事は大変なエネルギーを消費します。
朝起きて、さてブログを書くか、と思うと気が重くなって、いややっぱりもうちょっと寝ようって寝てしまって、結局書かないということは多々あります。
なので朝起きてコーヒーを飲んでブログを書くということ自体を習慣化してしまって、体が勝手に動くようにして、そこに僕のやる気だとかモチベーションというものを一切介在させないようにすればいいのです。
ブログを書くか書かないかと迷っていること自体が見るパワーを消費させるからです。

あと集中するにはやっぱり場所や環境が大切だという事です。
特に僕が注意しなければいけないと思ったのは、スマホです。
スマホで必要のないニュースだとかをチラッと見ることは、大変集中力を削ぐということです。
これ僕ほんとにやってしまうんですよね。
ブログとか書いてて、ちょっとでも行き詰まるとまとめニュースサイトとかを開いて見ちゃいます。
で気づくと30分とか経ってる。
これは自分でもうすうす気づいていましたが 、やっぱりスマホは集中力の大敵ですね。
僕はスマホでブログを執筆していますので、 執筆アプリ以外のサイトは絶対に開かないようにします。

あとこの本ですごく共感したのが、感情の力を使えというところです。
喜怒哀楽すべての感情は集中力を高めるのに 使えるということです。
普通に考えたら喜怒哀楽というのは集中力を高めるのに邪魔なものだと思われがちです。
特に怒りは、冷静さをかき乱す悪いものと考えられますよね。
だけど、DAIGOが言うには怒りは行動力や問題解決力を高めてくれるありがたい感情なのです。
これはぼくはほんとに共感しました。
ぼくはいつもどうすればモチベーションが高まるかなって考えているんです。
もともとがやる気のない人間なので。
そうやって考えてきた中で、
一番やる気が高まる時があるんですね。
それが、頭に血が上ったときなんです。
会社で理不尽なことを言われたりすると誰だって起こりますよね。
怒りが体中を駆け巡るとめちゃくちゃ行動力が高まるんですよね。
怒りの、このすごいパワーを目標達成に役立てろと言うのがDAIGOの主張です。

あと習慣化というのはやはり自分の中で大きなテーマだと思います。
「日々の生活の中で、選ぶ場面が少なければ少ないほど集中力は上がります。

ということなので、なるべく僕も選択肢の少ない状況に身を置いていこうかと思っています。
この週間かについては、 スティーブジョブズがよく引き合いに出されますよね。
ジョブズは いつも同じ服を着ているとして有名です。
服を選ぶという選択肢をなくすことで、ひとつウィルパワーの減少を防いでいるということです。
こんな感じで、日々生きる中での選択肢を 少しずつ減らしてゆ こと。
イチローもその点ではいろいろと有名ですよね。
朝はカレーライスしか食べないとかって言われてますし。
なるべく無駄なところでの選択肢を減らして、 一番自分のやりたい事をやるための見るパワーを残しておく。
これが大切ですね。

この本を読んでいてちょっと思ったのですが、
意思決定によってウィルパワーが減っていくということは、うつ病とは意思決定をしすぎてウィルパワーが全く残っていない状態なのではないでしょうか。
過度な意思決定をしすぎた結果、ウィルパワーがすっからかんな状態になった。
うつ病になる人の多くは、職場で大変な目に合って神経をすり減らした人がなるということが多いと思います。
パワハラなどで毎日極めて多くの選択肢や意思決定にせまられてウィルパワーをどんどんすり減らせたのだと思います 。
そしてそれが常態化し、うつ病という病になってしまったのだと思います。
ウィルパワーというのは寝れば回復するということですが、うつ病の人は寝ても回復しません。
朝起きた瞬間からやる気がないのですから。
ということは、ウィルパワーというのは、 過度のストレスによって回復することができなくなるということですね。
うつ病になる傾向の人は、いろんなことを真面目に考えてしまう人が多いと言います。
これはまさに常に数多くの選択肢に直面しているということで、ウィルパワーを消費しやすい体質だということです。
あまりいろいろと悩まないで、のほほんと生きている人ほどうつ病になりにくいというのは、ウィルパワーを消費しない体質だからですね。
ですので、ウィルパワーという観点からみると、うつ傾向の人は、普段から身の回りから選択肢を減らすように努めるのがいいのかもしれません。

脱線しましたが、 この本はなかなかアフィリエイトをしたいけれどもモチベーションが上がらないという人に最適な本だと思います。
アフィリエイトをするのはほんとに大変なことです。
孤独との闘いです。
記事を毎日毎日書き続けて誰も見てくれない状態が何ヶ月も続いているのに、さらに書きつけるなんということは、並の人間にできることではありません。
アフィリエータにとって、どうやってモチベーションを保ち続けるかというが極めて重要な課題となってくると思います。
そんな孤独なアフィリエイト単に この本は 大きな助けとなってくれるかと思います。
ウィルパワーという概念 だけでも 自分の中に 知っておくと 全然違うと思います。