コピーライティングは一億円稼げるスキルだって言うから勉強してみる

年収300万のサラリーマンが『コピーライティング』を勉強して金持ちを目指す記録です。稼いだ額などは”全て”正直に公開します!

集客できても売らなきゃゼロ

f:id:directresponsemarketing:20161115075903j:plain


こんにちは。井沢です。

普段からの情報収集として、この人はいい!って思える方のメルマガをいくつか購読しています。

その中でもいつも有益な情報を提供してくれるのが、宇崎恵吾さんです。



ミリオンライティングという超人気商材の著者でもあります。

恥ずかしながらまだミリオンライティングは読んでませんが。。

めちゃくちゃ安いコスパいい商材なのでいつか読みますが。

宇崎さんのブログはコピーライティングを学ぶのにためになりますので読んでみてはいかがでしょう。

コピーライティング至上主義者の会


この間の宇崎さんのメルマガで、勉強になる記事がありました。

『コピーライティングが先かアフィリエイトが先か』というタイトルです。

内容は、集客とコピーライティングはどっちの方が重要か?というものです。

結論はコピーライティングのほうが重要とのこと。

たしかに、アフィリエイト初心者としては、文章力をつけるのが先か、Seoなどのアフィリエイト力をつけるのが先か悩みますよね。

宇崎さんは、はっきりとコピーライティングを最優先にすべきと述べています。


自分なりに考えてみたんですが、仮にコピーライティングを磨いて、モノを売る能力がついたとします。

あとは集客さえすれば儲かるという状態になったとき、広告を出せばすぐに集客できますよね。

コピーライティング力はあるので、約定させることができるので、かかった広告費以上の利益を見込めます。

これなら集客に時間や労力を使わなくてもコピーライティングだけにとりくめば稼ぐことができます。

逆にコピーライティング力がない状態で、集客だけはすごくできることを想定すると、考えるまでもなくモノは売れませんよね。

なので、単純に稼げる方法はというと、コピーライティングを使ってランディングページを作る→PPC広告で広告する→広告費よりも利益が少しでも上回ったらそのまま放置する→もし赤字になったら広告を削除する。

ただこれだけで稼ぐことができそうです。

まあ、うれるコピーライティング力をつけるのはそんなに簡単ではなさそうですが。

それでも初心者アフィリエイターが、何から始めればいいかわからない場合は、まずはうれるコピーライティング力をつければ、あとは何とでもなるのでしょう。

なのでやはり僕はコピーライティング力をがんばって育てることに専念いたします。